結婚相談所の理想について

結婚の理想について書いてもらった文章の中にこういうものがあった。「私は3人姉弟で、私の下に高校生と小学生の弟がいます。母は、彼女のほとんどの時間を私たち子どもに費やしています。

下の弟はサッカーをしており、いくつものクラブに所属していますが、週末は必ず試合があるため母は必ずそれに付き添います。平日も、夜遅くまでクラブチIムの練習があり、それが電車で1時間近くかかる場所にあるため、週に何度も弟を送り迎えしています。

その他にも、小学校のPTAなどの役職に就き、その上、母は通っている教会の仕事まで引き受けています。にもかかわらず、母は家事を怠りません。彼女はもはや完壁な主婦という名の機械であると言っても過言ではありません。そのような母を私は尊敬しています。

それが、家庭を持った母としての務めなのかもしれません。しかし、夜、蛍光灯の光の下でお皿を洗う母の後ろ姿を見ていると、私は母のように自分の時間をすべて捨てて子どもたちのために生きるということができないと思うのです。

母にはとても失礼なことだと思うのですが、私は自分の時間を自分のために使いたい。家庭や子どもに縛りつけられることは、とてもできないと思うのです。それなら果たして結婚する意味はあるのだろうかと疑問に思うことはしばしばありますが、そもそも結婚とは、なぜするものなのでしょう。母は家庭と子どもを持ち、だから孤独ではないということになるのでしょうが、そのためにここまでする義務があるのかと思うと、私はどうしていいのか分からなくなります。

私の結婚の理想、というより夫婦の理想は『西荻夫婦』です。私はかねがね、漫画家ゃまだないとの作品が好きで愛読しているのですが、中でも『西荻夫婦』が好きなのです。題名のとおり、西荻窪に住む初代の夫婦の話です。会社員の妻と漫画家の夫の淡々とした何気ない毎日が描かれています。彼女たちは孤独です。

しかし、どこかで孤独を愛しています。そして、二人は馴れ親しんで他人でなくなってしまうことを恐れています。だから二人は子どもを作らないのです。二人はいつも手を繋いで歩きます。一人でいるときにそれぞれを感じ、二人が他人であることを認識し、安心するのです。

二人は相手に固執せず、しかし、最後にたどり着くのはその相手しかいないのです。このように書くとどこか重々しい雰囲気が漂ってきますが、むしろ私にとっては世間一般の、私の両親のような夫婦の方がよほど重々しい毎日を送っているように感じられます。私は母のようなスーパー主婦にはなりたくありませんし、なれないでしょう。

ただ一つだけ確信しているのは、私の父のように月に一度は海外に出張で出てしまうような人ではなく、いつも近くにいてくれる人と結婚したいということです。誰よりも側にいること、それが愛情であり、夫婦だと思うのです。

私は、私の両親のような夫婦にはなりたくありません」一人の学生によって、私はやまだないとの『西荻夫婦」を読むことになった。2001年に初版が出ている。そして、誰であれ自分の結婚像は自分の親の結婚の影響を免れるものではないと思い知ったのだった。ゃまだないとは書いている。「でもわたしがうしろめたいのは、生まれない子供にではないのだ。わたしたちの両親にたいしてうしろめたく思っている。
結婚相談所のランキング比較

美容室でカラーリングする時の注意点

化粧品&医薬部外品の表示

2002年の化粧品の規制緩和後、化粧品として承認されている染毛料であるトリートメントカラーに使用可能な染料であるHC染料(ノニオン性染料を使用した染毛剤)、両性染料及びカチオン性染料(塩基性染料)が許可されました。

HCとは「ヘアカラー」の意味です。直接染料の一種で、トリートメント剤に配合すると感触がよいといった特徴があります。

2006年4月から、医薬部外品の全成分表示がはじまりました。医薬部外品は、有効成分とその他の成分に分けて表示されますが、その他の成分と一緒に表記して「有効成分」だとわかりづらい表示も見られます。

化粧品の成分表示と違って、医薬部外品は順不同なため、多い順、少ない順などにばらつきが出ています。また、化粧品と医薬部外品の成分名は同一成分であっても異なる場合があります。医薬部外品は薬事法で定められた規格名、別名で記載することになっているため、化粧品と同じ成分であっても表示名が違っています。

美容室で繰り返されているとと

店頭では好みの色の商品を購入しますが、美容室では番号がついているカラーチャートを見せられて、好みの色を決めていきます。ー剤(酸化染料)と2剤(酸化剤、過酸化水素水)を混ぜ、日分くらい髪につけてコーミングし、根元と毛先では染まり具合が違っていないか、色を確かめていきます。

カラーリング中、反応熱が出て熱く感じる人がいます。なかには、ひりひりすることがありますが、「カラーリングはそういうものだ」「それが当たり前だ」と思っているお客様も多いです。

カラーリングでのオーバータイムで抜け毛になって、脱毛トラブルにあった人も多いはずです。セルフでカラーリングするのと比べて、美容師は均一に染めたり、根元と毛先を統一したりぼかしたり、頭皮の状態や髪の太さなどを理解し、オーバータイムにも気をつかってカラーリングをする技術は持っています。髪に色が入ったことを確認したら、シャンプー台ヘ。お湯に髪をつけて乳化させます。

このとき、薬液が頭から入ってきます。もちろん美容師の手にも薬液が浸透していきます。シャンプーで洗い流した後、ドライヤーでセットして完了です。

傷んだ髪を見て、美容師はトリートメントをすすめてきます。このトリートメントはコーティング剤入りですから、サラサラした感じにはなります。しかし、元の素材はカラーリング、パーマでボロボロになっています。

さらにおまけに、ヘアアイロンまでされてしまいます。カラーリングするとだいたい1カ月で根元と色が違ってきて、「プリン状態」になってきますから、ブーメランのように美容室にまた戻ってきます。

白髪染めで若返るためにヘアカラートリートメントを

毎日毎日、髪にふれて観察していると、その方の肉体や精神の状態、病気までも髪を通して情報として入ってきます。実際、初めて出会う人も髪を見て、判断しています。髪は「物言う存在」なのです。美容室に来られるお客様の第一番目の要望は、ヘアスタイルです。

そのヘアスタイルをつくるのにもっとも重要な鍵が素材(髪)なのです。木造建築であれば、檎にしようか、杉にしようか、松にしようかといったように、材木選びのようなものです。昔の日本家屋は100年、200年という歳月を経てもびくともしませんでした。しかし、現在の家は印年とは持たないでしょう。

これには、素材の問題が大きく関わっています。あくまでも、自然の摂理にあった物輸つくりを心がけなくてはなりません。いけばなに例えると、いまの美容は、生の花とドライフラワーを一緒に生けていて、双方に色やニスをつけて生の花のように見せかけています。

流行の最先端という名の下、新しいありとあらゆる技法を用いて新しいモノをつくりあげますが、本来の髪の美しさとはかけ離れたモノが出現します。それは、髪本来の力のある存在感を引き立たせるものではありません。

私の仕事は、お客様が主体ではなく、髪、か主体です。多くの美容師はお客様のリクエストをかなえることが「美容師の仕事だ」と考えていますが、そこには、主体となるはずの髪についての気遣いはなく、デザインを追い求めるあまり、髪本来の美しさとほど遠いものになっていくという現実があります。

また、似合わないと思っていても「本人が言うのだから」となっています。パーマやヘアカラーは、髪という素材を老化させて壊すものです。その結果、実年齢よりも早く白髪が気になったり、ヘアカラ1の周期も早くなったりという悪循環のパターンになっていきます。

さらに、ヘアアイロンなどで極端な熱を与えることによって、髪そのものを変性させてしまうことがあります。カットもいまでは複雑化していて、結果的に素材を壊すことになっています。

髪は切るのではなく整えるという感覚が大切であり、そこにも素材を壊さない繊細さと気遣いが必要なのです。しかし、美容室ではカラlリングで髪、か傷むといった状況判断はしません。

世界中いろいろな異なる人種がいます。さまざまな色や形、髪は環境に順応して色や形を変え、習慣もそれぞれ違っています。インドのシ1ク教徒のように髪を切らずにターバンの中に隠す人たちもいれば、ユダヤ人のこめかみのところに長く垂れ下がるくるくるした髪など、文化によっても髪にはいろいろな思いがあります。そして、日本人がもともと持っている漆黒の黒髪は時代を越えて、美しく力のあるものです。

黒はすべての色の集りであり、完全なものでもあるのです。勢いのあったバブル時代、髪も全体的にたわわなふくらみのある髪でした。しかし、それ以降、時代に反映されたかのように先細りの髪型になり、ω年代以降、日本人の黒髪は見る影もありません。

髪は時代に反映されているようです。時代を超えて美しいものは自然と一体化していて、華美にするのではなく、あるがままの美しさだと思います。しかし、いまの美容はと言うと、何かをつけ加えてより美しくさせようとしている「足し算方式」です。引き算をすることで素材のきれいさが表に現われてきます。

木材であれば木目を表に出し、これをデザインの一部にしていくと素材の持つ美しさが表に現われます美しい素材はそれだけで完全なるデザインです。素材を生かしたデザインを目指し、さらには環境にも配慮したデザインやヘアケア商品作りを提案して行く・・・そんな仕事ができればと日々、模索しています。

ヘアカラートリートメントの歴史

泡タイプのヒット&セルフユーザー増加

1990年代に起きたヘアカラーブーム。売れっ子の女優やファッションモデルを起用したヘアカラー戦略が流行の最先端となって、女性も男性もこぞって髪を染めました。

年間出荷高800億円の売り上げが一挙に1200億円まで跳ね上がり、1977年からの約初年の問、市場規模は200億円から1000億円と5倍にも拡大しています。街中でヘアカラーをしていない人を探すほうが難しく、黒髪のほうが珍しい時代です。

白髪染めだけではなく、ヘアカラーはファッションとして日本社会にごく当たり前に溶け込んでいます。2012年度版「頭髪化粧品の市場分析調査」(調査H総合企画センター大阪)によれば、ヘアケア市場の規模は2009年度比1・6%増の4366億円。

ヘアケア、ヘアメイク、ヘアカラー、育毛商品のすべての分野において前年度の実績を上回っています。ヘアカラー分野は、0・6%増の794億円。白髪用のセルフユーザーの増加や使用率がアップしたことで堅調な推移をたどり、また、泡タイプ商品のヒットも貢献していると分析しています。

ヘアケア全体の市場では、2010年度の企業別シェアは花王(構成比日・1%)、資生堂(同日・5%)、P&G(同叩・4%)、ユニリ1バ・ジャパン(岡山・3%)、ホーユー(同6・4%)、マンダム(同4・3%)、クラシエホ1ムプロダクツ(同4・1%)、カネボウ化粧品(同3・5%)、大正製薬(同3・4%)と続き、ここ数年上位5社の順位に変動はありません。

具体的な商品として、ホーユーは、主力ブランド「ピゲン」のリピート率アップが功を奏し、シェアを保持2010年度は、クリームを中心に展開していた同ブランドに新たに泡の商品を投入するなど、ユーザー拡大に向けた展開で伸長する見通しです。

日位のシュワルツコフヘンケルは、新ブランド「サイオス」の市場への投入や黒髪用ブランド「フレッシュライト」で泡剤型のヘアカラーを投入するなど、最新の消費者ニーズに対応した強化を図ったことで、売上高を伸ばしています。

また、2012年度「頭髪化粧品の市場分析調査」によれば、「白髪用は泡タイプ商品がセルフカラー未経験者を獲得したことから好調に推移。一方の黒髪用はカラー頻度の減少やサロンへのスイッチを背景に減少推移となった」と分析しています。

「ステキな色だな」「ツヤツヤな髪をしている」「髪のボリュームがすごい」とうっとりしてしまうほど、カラlリングのCMに出演しているタレントの髪はうらやましいほどのH美髪u です。

現在、カラlリングのCMに出演したタレントといえば、花王「ブロlネ」の高島礼子と飯島直子、「リlゼ」の佐々木希。ホlユl「ビゲン」の榊原郁恵と木佐彩子、「シエロ」の藤原紀香、「ビュlティラボ」の南明奈。ダリヤ「サロンドプロ」の杉本彩、「パルテイ」の益若つばさ、「ビュ1ティーン」の舟山久美子。

P&G「ウエラトIン」の森口瑳子。シュワルツコフヘンケル「パオンディオlサ」の松田聖子と神田沙也加。DHC「Qm美容液カラlトリlトメント」の神保美喜などです。過去には、賀来千香子、稲森いずみ、森高千里、水島かおり、筒井真理子、村上里佳子、江角マキコ、長谷川京子、片瀬那奈、戸田恵梨香、神田うの、土屋アンナ、ベッキ1らも出演しています。CMタレントの髪はCM撮影用の特別なものであって、ヘアメイク(アーチスト)によってっくりこみがされた髪です。

ブロードライをはじめ、アイロンをかけて伸ばす熱処理によって一時的に髪の表面にツヤ感が出せます。そして、カlラで髪を巻いて、ふわっとボリューム感を出します。見た目は傷んだ感じもなくなり、ぱさっき感がなくなったかのようですが、髪に熱を与えているだけです。

白髪染めを使うと艶が出ない髪の理由

髪にツヤが出ない理由は、実にさまざま。ただし、誤解してほしくないのは、ツヤがない=ひどいダメージがある、というわけではないということ。芸能人やモデルの髪は、傷みがあってもツヤがあります。

健康な髪を追求していくと、ダメージを極力避けるため、へアカラーもパーマも施さない、ドライヤーもかけない、真っ黒な髪にたどりつきます。

ツヤ髪ですべてが変わるもちろん、真っ直ぐで真っ黒な黒髪も美しいのですが、色や質感から「重さ」が出てしまいます。

よって、実のところ黒髪、が似合う人はごく少数口不用意に手を出すと、それこそ沼からヌーっと上がってきたばかりのような「怖い」「暗い」「湿っぽい」印象になりがちです。目指していただきたいのは「髪のダメージを抑えながら、ツヤを出す」ということ。

ここで、ちょっと「ダメージへア」について、書いておきたいと思います。私はよく髪の構造を説明するとき、のり巻きを例にとります。髪の外側にあるキューティクルは、のり巻きの「のり」のようなもの。髪の毛の根元から毛先に向かって魚のうろこのように重なりあって、中身のうるおい成分を包み込み、流出を防いでいます。

この中身のうるおい成分が、のり巻きの「お米」にあたるもの。髪を構成する問種類のアミノ酸(たんぱく質)からできています。パーマやカラーなどの薬剤、ブローなどの熱によってキューティクルが損傷すると、中身、がポロポロこぼれ落ちてきます。

これがいわゆるJダメージへアの始まりです。ただし、最近では。ハーマやへアカラーに用いる薬剤が飛躍的な進化を遂げています。適切な処置をしてくれるサロンであれば、大きな、ダメージを受けることはありません。

むしろドライヤーの熱やブラッシングの摩擦のほうが、髪を傷めます。ツヤ成分が配合されたへアカラー、チリつく髪を真っ直ぐにして反射をよくするパーマ、キューティクルの方向を熱や風で一定に整えてツヤを出すドライヤー・アイロンなどは、ツヤ出しには必須です。

ドライヤーやアイロンによって抜け落ちた、髪の毛がもともともっているツヤ成分は、シャンプーやトリートメントによって、じゅうぶんに補うことができるので、きちんとお手入れすれば心配する必要はありません。

ツヤが出ない髪というのは、「健康だけれど野放しの黒髪」か「お手入れしてないダメージヘア」の2種類。つまるところ、ツヤが出ないのは、あなた自身に問題があるから。髪のせいではないのです。「髪質が悪いから」「傷みやすいから」という言い訳は、即刻やめるべきです。